早漏治療薬の売れ筋ランキング

肛門の力を活用して早漏改善、持続不足の原因は?

早漏の称号は男性にとって、不名誉な存在です。
自称するならまだしも、ガールフレンドから与えられてしまっては心が折れてしまいます。
早漏の主原因は、性交中の焦りや不安といったストレスです。
20代を中心とした比較的若く、性経験が少ない男性がなりやすい体調不良になります。

早漏は経験値を積む事で治る事も多いです。
最初の間は女性特有のフェロモンや挿入時の触感などに影響され、ペニスを挿れた途端、反射的に出してしまう事が多々ありますが、徐々に回数を稼ぐに連れて、快感に強い心身になります。
いわゆる鈍感力が経験によって上がりますので、様々な性経験を積む事は早漏対策のトレーニングとなるのです。

また心理的な焦りや不安とは別に、包茎の男性は普段から性的な触感に弱いため、
いくら場数を踏んでも、思った通りに持続力がアップしません。
仮性包茎や真性包茎は早漏の物理的な要因です。

物理的な原因の場合は、性交の真っ最中、肛門の状態を少し意識しましょう。
膣内に挿入後、強い性的な触感に襲われた時、肛門にグッと力を入れるのが良い対策となります。
何だか妙なテクニックですが、トイレの要領で肛門に力を入れる事で、ここ一番の踏ん張りが利きます。
肛門に力を入れる事で射精の感覚は高確率で回避出来ますので、挿入直後に襲ってくる強いオーガズムをその対策を乗り越えれば、後は普通にピストンが始められます。

ピストンを持続的に続けると、女性側が女性器の膣圧を強くする事がありますので、その時も同じように肛門を意識しましょう。
何度かその対策を繰り返す事で、普通にピストンしてもそう簡単に射精感覚が沸かない強い下半身に改善されますので、包茎が原因で持続不足になっている方は、肛門の踏ん張りを活かしてみましょう。