早漏治療薬の売れ筋ランキング

早漏とスタート・ストップ法の考え方について

早漏とは、性行為のときに女性の性的な満足が得られないうちに男性が射精をしてしまうことをいいます。具体的には膣内に挿入した後30秒間~2分間射精を我慢できない状態のことです。
早漏の原因は包茎による刺激への過敏、慢性尿道炎や前立腺の慢性的な炎症などの器質的な疾患である場合のほか、身体機能には問題がなく、心因性が問題であることが多いとされています。
心因性の場合の対処方法としては、スタート・ストップ法というものがあります。
スタート・ストップ法は早漏の克服方法として有名で、考え方としては性的な刺激に慣れることを目的としてます。
スタート・ストップ法のやり方としては、マスターベーションを行い、射精しそうになったら手を止めて、落ち着いたらまたマスターベーションを行なっていくという方法です。普通の方法に慣れたら、風呂場の湿気のある環境で膣内と似た状態を作って行なうことによってだんだんと刺激に慣れていくことができるとされています。
また、同じ考え方として、ローションを使って亀頭に刺激を与える方法もあります。
この考え方を応用して、挿入直後にすぐに膣からペニスを抜いて、パートナーの手によって亀頭を数秒圧迫し、刺激の波を過ぎ去るのを待って、その後性行為を再開して射精が来るたびに圧迫して刺激が過ぎ去るのを待つ、というスクイーズ法という方法もあげられます。
早漏は女性の性的な不満に繋がってしまう可能性があります。そのようなことにならないためにも、訓練をしたり射精を我慢するための筋肉を男性は鍛えたりすることをおすすめします。また、パートナーである女性もきちんと問題を理解し、協力して問題解決に向かっていくことが大切です。